トップ > アクセサリ > ライト > ヘッドライト >
HL-EL135

<< 前(HL-EL130) | 次(HL-EL200) >>

CATEYE (キャットアイ)

HL-EL135

約94g (ブラケット・電池含む )

2010/03/23 レビューID: 6064 (スレ 42 - レス 45)    (7人中、7人が、参考になったと投票)

登録:管理人

購入価格 ¥2300(税込)
 出先で日没になったため急遽購入。
 もともと夜は走らない(薄暮までに帰宅)のと、仮に夜に走るにしても街灯がそれなりにある都市部限定なので、まあこれで良いかと。

 明るさは上記の使用法ならまず問題無い。

 以前のレビューではブラケットがボロクソに書かれていたが、何をそんなにブチキレているのか自分には理解できなかった。ダイヤルの動きもスムーズだしブラケットと本体が外れる不安というのも自分には感じられない。バニホやりまくりとかシクロクロスバイクにくっつけて未舗装路を爆走しまくるんだったら外れるのかもしれんが。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆
評  価 ★★★☆☆

48 投稿日:2010/03/23(Tue) 15:14:18

>>45
ブラケットのハンドルへの取り付け易さについては、賛否があるだろうと思う。
ちょっとコツがいるから。Nに改良されて良くなったってことじゃないの。
ライトもきっちりはまってれば落とすことはないけど、カチッとはまってないのに入ってると思う勘違いが多いんだよね。猫目はそこがわかりにくいのが多い。

ちなみに、以前の135のレビューの人は、互換性に関して大きな勘違いをしてるから、鵜呑みにしてはいけないね。ブラケット内側の溝を使う奴は、H-31/32とH-34間での互換性は元もとないから。猫目の説明も悪いんだろうけどさ。

2006/09/30 レビューID: 1009    (11人中、0人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 ¥2,200
ライトとしての明るさはHL-EL400より少し暗い程度で単3二本で80時間点燈のスペックとしてはフツーの明るさ。
ライト本体の防水性は皆無の造りで雨に降られたら間違いなく一発で水が入ってショートしそう。
ライト後端にあるスイッチは短押しでOnと点滅点燈の切替で、長押しでOffになる2アクションタイプになっている。

従来のキャットアイ製ライトとの差別化のキモの新型ブラケットH-34は、
ブラケット調整機構部分が後ろ側になっていてロードのブレーキワイヤーと干渉しにくくなっているのと、
それ一つでスタンダードからオーバーサイズの太さまでダイヤルで無段階に調整というのは結構だが、
ブラケット全体がプラスチック製で部品としての精度が悪くて、ベルトを開け閉めするダイヤルの動きが最悪。
一度引っかかってしまうとニッチモサッチモいかなくなる。ベルト部分のネジ山が同じ高さと幅で左右に渉っているが
おそらくネジ山の左右端の幅を細く尖らす様に削り落してやらないとどうにもならないだろう。
ブラケットとライト本体の取付け部分は、カタチとしては外すときは引っかけている爪の基部を押し込んで
外すようになっているように見えるが、実際は単に外す方向に力を掛けるだけで
取り付けるときに押し込むのに必要な力より少ない力で簡単にすっぽ抜けて外せてしまう。
走行中の振動で外れるかも知れないお粗末さ。

購入前にキャットアイに問い合わせて
「H-34ブラケットは従来のH-31、H-32ブラケットと互換性がある」
という返答を貰ったので今回購入したが、実際には全く互換性がない。
このH-34ブラケットに従来のH-31,H-32ブラケットに付くライトは付けられないし、
従来のH-31、H-32ブラケットにこのライト本体も付かない。

残念ながら、今すぐ投げ棄てたい、買ってはいけない製品ですね。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★☆☆ ライトの価格としてはフツー。
評  価 ☆☆☆☆☆ 製品の造りとしても、有るはずのブラケットの互換性が無い事も最低。

<< 前(HL-EL130) | 次(HL-EL200) >>