パーツ > キャリパーブレーキ >
HJ-714AG

| 次(07 Centaur D SKELETON ブレーキ) >>

Alhonga

HJ-714AG

198g

Mon Mar 28 15:00:00 UTC 2005 レビューID: 4780 (スレ 11 - レス 536)    (4人中、4人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 ¥3,100
ママチャリの制動力が心許なかったので導入。
小径車の改造記事ではアームが届かずシュー取り付け穴を広げたといったようなケースが見受けられるが、一般車では特に問題なかった。
回り止め機構がないのか、左右均等に固定したつもりがいつの間にか片効きすることしばし。
これは再取り付けや増締めを幾度か繰り返す内に直った。

制動力は晴天時は必要にして十分。
ただし急坂の下りをフロントだけで止まるには至らず、雨天時にはやはり心許なくなる。
ママチャリには危険と言われているが、自分用のアルミリム車ではロックや前転することはなかった。
ただ家族用の古いステンレスリム車に付けた所、前転しそうになったと一度だけ言われた。
取り付ける際は乗り手や車体のことを考慮した方がよさそうだ。

キャリパーの工作精度が良くないらしく、左右でトーインが合わない。しかもこじって直そうにも硬くて無理。
そのままでもシューが斜めに削れるだけで制動力に大きな問題は出ないが、トーイン調整が出来る船を用意したほうがいいかも知れない。
剛性は一般車標準のものよりはずっと大きい。
シューを交換すれば急坂や雨天時の制動力を改善できると思われるが試していない。

さほど重量増にもならず、前後セットでのみの販売ということを除けば一般車用にも十分お薦めできる。
現在ではシマノがフロント用のBR-S030を出したため、敢えてアルホンガを探すメリットは少なくなったかも知れない。
ちなみに余ったリア用に他のキャリパーの軸を移植してフロント用に変造することも不可能ではありません。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★☆☆☆ ママチャリ用としては高い。前後セットのためリア用が余る
評  価 ★★★★☆ 効果は十分。工作精とシューが今ひとつ

| 次(07 Centaur D SKELETON ブレーキ) >>