トップ > 工具・メンテナンス > 工具 > 一般工具 >
両口ラチェットレンチ RN1415WL

<< 前(ツインレンチドライバー) | 次(6Wayドライバー) >>

SUPER TOOL (スーパーツール)

両口ラチェットレンチ RN1415WL

340g

2011/06/22 レビューID: 6728 (スレ 45 - レス 814)    (3人中、3人が、参考になったと投票)

登録:管理人

購入価格 ¥2820(本体)+¥787(純正グリップ)+¥525(送料)



 14mm×15mmという組み合わせのラチェットレンチといえばホーザンC-160一択と思われがちだが、実はスーパーツールとTOPも造ってる。
元々これは建築用ラチェットレンチでソケットのサイズ違い。でもC-160も実は建築用ラチェットレンチのシノの部分にグリップを付けただけというはあまり知られていない。

 当方は自転車整備(と言うより殆ど修理)が仕事なので日々の作業で店舗備品のホーザンC-160ととっかえひっかえ半年ほど酷使してみたが
ホーザンのは“輪業用”だから作業が捗るとかそんなオカルトありえません。表面処理と刻印とソケットの長さ以外見た目と各部の寸法同じだし。

むしろスーパーの方がソケット両方同じ長さ(33mm)でホーザン(確か14mmが25mm,15mmが30mmだったはず)よりも若干リーチがあるため
特に一般車の後輪でよりスタンドやディレイラーガードに当たり難く、本体ごと回して作業ができる場合が多くなる。
これができるならいちいちラチェット機構に頼るよりこの方が早いからね。
前輪弄る時もソケットが長い分手を添えて作業しやすい。

 クランクの固定ボルトorナットに使う時はソケットが長い分不安定になりやすいがそこは使用者のスキルでカバーするとこなので問題無し。
ちなみにカンパやスギノの15mmクランクボルトつけてても問題なくアクセスできる。これ重要。俺は元々仕事のためじゃなく自分のロードでここに使うために買ったからねw

 残念なのは純正グリップの仕上げと入手性が悪いこと。まぁ建築工具用のグリップごときの仕上げを語るなんて野暮だが流通はなんとかしてほしい。(ネット通販では1件のみ?)
 他の工具達と擦れると塗装が削れるのはしょうがないかな。塗装を全部剥すと梨地の渋い見た目になってちょっとかっこよくなる。

年式 2003年製? 自分のは03Gとの刻印アリ
カタログ重量 340g
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★★ コスパ最高 つかホーザン高杉
評  価 ★★★★★ さすが産業機械工具の大手

<< 前(ツインレンチドライバー) | 次(6Wayドライバー) >>