トップ > アクセサリ > ボトルケージ >
UMA

<< 前(Tacx Saddle Clamp Bottle Cage Mount) | 次(タオ) >>

Tacx (タックス)

UMA

50g(ネジ込)

2010/11/20 レビューID: 6407 (スレ 44 - レス 177)    (3人中、3人が、参考になったと投票)

登録:管理人

購入価格 ¥1000くらい(bike24)
たぶん本邦初になるレビュー。えっへん。
TAOボトルケージにしようと思ったんだが、手持ちのスローピング車ではクリアランスが
厳しそうだったので新型のこれにしてみた。

質感は上々。ハイエンドカーボン車でも全く質感負けしてない。
ベース部分の樹脂がやや安っぽいけどね。
アルミがやや分厚いせいか、ボトルを挿してない状態だとなんとなく昭和製品の香りがするw
エリート・パタオほどではないが、デフォルトでは嵌め合いがきついので調整が必要。
UMAはTAOと違いオープン型なので調整し放題。ただしミシミシ言うから作業は慎重に!

多少緩めてやればこの画像の通り、ポーラのレギュラーボトルで上部クリアランスが3~4cmの場合でも取り出し可能だった。

可能なだけであって走行中だと厳しいレベル。思い切りユルユルに調整すれば走行中でもなんとか使えそう。
しかし、上部3~4cmだとTAOでは恐らく取り出し不可能なケースなので、これが可能ということはすごく大きいことだ。

総じて安くて高級感もあり、TAOが使えないとか、ボトルが合わないというシーンでも調整で乗り切れる、非常に良いケージ。迷ったらおすすめ。
TAO同様に、二つのケージ間が詰まってるフレームでも、ケージ同士が当たらないデザインなのもよい。
唯一の難点は重いことかな。実測50gもある。丈夫さと引き換えと思えばまあ許せるか。

カタログ重量 39g(実測重量 50g ネジ込み)

(2011/5/27・part45-560追記)
使用自体に全く問題無く至極快適に使っているが、わけあって七分丈の
ハーフパンツでチョイ乗りしたときに欠陥が露見。
ダウンチューブ側に付けたケージの、尖った部分が丁度七分丈パンツの裾に
引っかかりまくり。
条件次第だとは思うが、うまく吸い込まれるように引っかかる。
Umaに限ったことではないんだけど、転倒・破損事故になる可能性が高いので要注意。

レーパンやタイツ前提で使うぶんには全く問題ないんだけどね。
カジュアル服で使うなら適宜テープなどを渡して保護するといいのかも。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★★
評  価 ★★★★☆ ちと重いほうか

<< 前(Tacx Saddle Clamp Bottle Cage Mount) | 次(タオ) >>