パーツ > ロードタイヤ > クリンチャーWOタイヤ >
RiBMo PT 700x23c

<< 前(RiBMo 700x28c) | 次(エクストリームデナルディー) >>

Panaracer (パナレーサー)

RiBMo PT 700x23c

300g

Sat Jan 07 15:00:00 UTC 2012 レビューID: 7020 (スレ 47 - レス 465)

登録:管理人

購入価格 ¥4,260
700x23C~25Cで、長期ツーリング用のできる限りパンクしにくい
タイヤが欲しい。かといってシュワルベのマラソンは重すぎる。
そんな時に色々と探して見つけてきたのがこのリブモだ。

このタイヤの特徴は先人のレポート通り、タイヤの断面が三角形に
なっていること。このおかげ走りは軽くて重さを感じさせない。

装着後5000kmほど走ったが、パンクはまったくなし。
これまで履いていた同社のツアラーだと1~2回はパンクしていたはずだ。
パンクの心配のないタイヤというのは長距離のツーリングでは本当に心強い。

肝心の耐久性も高く、さすがに三角形の山と頂上部の溝は消え、
台形となってしまったが、まだまだ走れそうな雰囲気。
個人的には自分の用途にあったいいタイヤに巡り会った感じだ。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆ さすがにこの値段は高い
評  価 ★★★★★

Sun Oct 31 15:00:00 UTC 2010 レビューID: 6372 (スレ 44 - レス 30)    (4人中、3人が、参考になったと投票)

登録:管理人

購入価格 ¥3,930
なぜか上記のメーカーサイトには23cの記載がないが、アサヒ等では販売されているという不思議な製品。
リブモには弟分のワイヤービード仕様、リブモSも存在するが、ここでは兄貴分のケブラービード仕様、リブモPT(プロテックス)の使用感を記載する。
このリブモの最大の特徴はタイヤの断面にある。通常のタイヤはタイヤの断面が丸形をしているが、このリブモはタイヤの断面が三角形をしており、その三角形の尖った部分が路面に接地しているのだ。よってタイヤのサイズ(幅)以上に接地面積が小さく転がり抵抗が小さいので走りも軽くなっている。
23cで300gとそれほど軽いわけではないが、その重さを感じさせない。

いい点
接地面積が小さく、予想以上に走りが軽い
まだ1000kmしか走っていないが、パンクには強そう
タイヤのクッションもそこそこある。

悪い点
タイヤが尖っているせいか、路側帯の白線のわずかな段差にハンドルを取られることが多くなった。これは断面が丸いタイヤではなかったことでこのタイヤ特有の問題と思われる。

もう少し使ってみないとわからないが、ようやくパナレーサーからもマラソンに… いや、マラソンレーサーに匹敵するようなタイヤが発売されたようなそんなイメージ。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆ 価格は高い
評  価 ★★★★★ 性能は

<< 前(RiBMo 700x28c) | 次(エクストリームデナルディー) >>