トップ > アクセサリ > ライト > ヘッドライト >
T25 Regular

<< 前(LED-Y106MS) | 次(i3 EOS) >>

OLIGHT (オーライト)

T25 Regular

2010/01/31 レビューID: 5928 (スレ 41 - レス 173)    (2人中、2人が、参考になったと投票)

登録:maglianera

購入価格 ¥6,980
(比較照射画像は レビューID:5925(TOPEAK・ムーンシャインHID LPF030) を参照)
OLIGHT製の中華ライト。2AAを電源とするライトの中では
明るさは最強の部類に入るが、その分ランタイムは短い。
Kingpower K2よりは明るく、EagleTac P10A2と同じか少し暗い程度。
質感はなかなか優れており、L2D並に完成度も高い。
ただし、バッテリー収納部は少し太いのでバッテリーにテープを巻く必要がある。
本体にクリップが付いているが自転車用としては邪魔なので外す事はできる。
このOLIGHT T25の特徴は、そのモードの多様さだ。
明るさだけでも5種類あり点滅も含めれば合計8種類もある。
自転車用として使う場合、こんなに多くのモードは必要ないが
ツーリング等でキャンプ内でも使う場合はありがたい設定だ。
欠点はフル発光でのランタイムが短い事と、重い事くらいか。
このT25に限った事ではないが、中華ライトは過放電保護回路がないので
ニッケル水素充電池を使い切るまで使うと電池が一瞬でダメになってしまう。
エネループなど継ぎ足し充電可能な電池を用意し、こまめに充電するのがよい。
ランタイムより明るさ、そしてモードの多様さが必要であればこのT25を選ぶといいだろう。

いったんコマーシャル


電源2AA、内径14.8mm、外径18.7~25.8mm(実測)
通常モード
①6 Lumens/80時間
②15 Lumens/33時間
③45 Lumens/12時間
④90 Lumens/5時間
⑤190 Lumens/1.5時間
高速点滅モード
①190 Lumens/2.0時間
SOSモード
①17 Lumens/40時間
②190 Lumens/3.0時間
電源投入時は強制的に通常モードからスタートするが、①~⑤の明るさは
電源を切ってもメモリー機能で覚えている。モードの切り替えは電源ボタンの半押し、
①→②→の切り替えはヘッド部分を回して切り替える。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★☆☆ 中華ライトとしては少し高いか
評  価 ★★★☆☆ モードの多様さはGood

<< 前(LED-Y106MS) | 次(i3 EOS) >>