パーツ > ロードタイヤ > クリンチャーWOタイヤ >
ウルトラゲータースキン 700c×23

<< 前(Ultra Sport フォルディング) | 次(グランプリスーパーソニック) >>

Continental (コンチネンタル)

ウルトラゲータースキン 700c×23

Sat Nov 28 15:00:00 UTC 2009 レビューID: 5746 (スレ 39 - レス 877)    (6人中、5人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 wiggleで前後¥4600円ほど
利用用途は主にツーリングと早朝ポタリングのため、耐性とコストで購入。
完成車に付属の同社ウルトラスポーツより履き替え(ピナレロFP3のホワイト)。
サイドに赤色の編み目が入っているため、見た目は自分の自転車にはアクセントとなって
非常に満足。

最初は空気圧7.0barで使用しており、「これが2chスレで言ってたもっちり感かー」と感心していた。
確かにセロテープを巻いたような地面に張り付く感じがあり、コーナリングの安定性や
上り坂が格段に楽になった。
ただし、非常に重くなり、当方の貧脚での平地平均巡航が時速30kmから25kmになってしまった。
耐パンク性確保のため、分厚く作っているからしょうがないか…練習用にちょうどいいかなと
自分を納得させていた。

それから500km走った後、洗車の際によく見ると「推奨7.5bar」と書いてあるのを発見。
スコスコ入れてみると、全く別物!走りが軽い軽い。グリップ感はある程度保ちつつ、転がりが
ウルトラスポーツの一段上になりますた。たとえて言うなら平均巡航も平地なら時速34km前後に。
衝撃吸収性もアップして、いいことずくめ。強いていうならば、ウルトラスポーツは単に地面を「滑っている」、
ウルトラゲータースキンは「走っている」感覚。地面への食いつき感が感じられる。私みたいな
へたれ初心者には、5000円以下でできる最も効果的なチューニングかな、と。

耐久性はまだそんなに乗ってないのでわからないが、次は一段グレードあがってこれなら
グランプリS4000は一体…とIYHしそうな自分が。とりあえずサブ機のTrekFX7.3用に28Cを早速注文。
もっと軽くしたい場合には、サイドが黒塗りのケブラービート版フォルディングタイプにすれば
320g→230gになるので、そちらがおすすめ。一本1000円ぐらいアップになりますが(wiggleの場合
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★★ コスパ最高
評  価 ★★★★★ すべてにおいてグレードアップ(ウルトラスポーツとの比較

<< 前(Ultra Sport フォルディング) | 次(グランプリスーパーソニック) >>