トップ > その他 > a joke >
自転車用エンジン

<< 前(俺の風向き運) |

自転車用エンジン

実測3000g~300000g

Wed Apr 29 15:00:00 UTC 2009 レビューID: 5470 (スレ 37 - レス 911)    (10人中、10人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格
水と蛋白質などの有機物質で構成される。
性能は、非常に個体差が烈しく、世界に同じものは存在しないと言われているが、
大きく分けて、基本性能として、持続的な出力に適したタイプと、短時間で出力を出し切るタイプがあり、その上で、
低速で高トルクを発生するタイプと高速時に高トルクを発生するタイプとそのどちらでもないタイプに分かれると言われている。
自動車用エンジンに比べて、圧倒的に出力は小さいが、燃料の補給と簡易メンテナンスは用意であり、さらに自動車用エンジンにはない自己修復機能がある。
このエンジンに対するチューンナップは、この自己修復機能を利用する。多くの場合「トレーニング」と呼んでいる。
エンジンテストは、『レース』と呼ばれ、エンジンの優劣が決定される。
このエンジンのファクトリーは無数にあるが、フランス・ベルギー・スペインなどの中央ヨーロッパ、USA産のエンジンが一般的に評価が高い。
自己修復機能の能力を上回ったり機能しない故障を起こした場合に備え、専門の国家資格を持つ修理工がいる。
※単に修復機能の手助けをする分には、国家資格は、要らない。
このエンジンの使用推奨温度帯は10℃~30℃程度(これも個体差が激しく一概には言えない)
エンジンの温度を保つために、かなり有効な自動冷却装置があるが、
日本においては、気温湿度が高くなる六月~九月にかけて、ひどくクレームの多い装置でもある。

年式1800年代式は殆ど現存せず
実測重量 3000g~300000g
このレビューが参考になった?
価格評価 ☆☆☆☆☆
評  価 ★★★☆☆

<< 前(俺の風向き運) |