パーツ > ロードタイヤ > クリンチャーWOタイヤ >
ULTREMO

<< 前(STELVIO 23C) | 次(SECA COMP) >>

SCHWALBE (シュワルベ)

ULTREMO

195g

Fri Nov 05 15:00:00 UTC 2010 レビューID: 6382 (スレ 44 - レス 102)    (3人中、3人が、参考になったと投票)

登録:管理人

購入価格 ¥3200(2008年、CRCにて)
もうR1や次モデルまで出てるっぽいが、すでに絶版になった無印である。すまん。
今更だが、ようやく2セット消費したのでレポ。
(車輪を多く使いまわしてるからこうゆうこともある…)

結論として、やはり神タイヤ。
先人の言うとおりの特性を持つが、付け加えるならチューブラーっぽいフィールかな。
静穏性なんかはチューブラーに近いレベル。
本物のチューブラーには全く及ばないけど、充分良い乗り味。

通勤~峠まで使用して、大体3500kmくらいは持った。
カーカスが出るかどうかってくらいに減ってくるとやはり漕ぎが重くなるので交換。もう少し頑張れば+500kmは持つだろう。

RやR.1はトレッド減る前にモッコリ臨終したり、小さく裂けまくって終わる個体もあるようだが、無印は全くそんなことはなかった。
「R.1」とか変な意地張らずにまた無印を売ればいいのに。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★★
評  価 ★★★★★ クリンチャー最強…だった

Sun Nov 30 15:00:00 UTC 2008 レビューID: 5317 (スレ 36 - レス 175)    (1人中、1人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 ¥3300+消費税(CRC)
普段はステルビオ派だが、今回ポンド安ということもあり
評価の良いアルトレモを血迷って買ってみた。

[見た目や装着について]
・ロゴデザインが厨房臭くてダサイ。ベタな白一色でいいのに。
・手で嵌めるのに若干苦労した。ちょっと堅いがレバー使うほどじゃない。

[走行感]
※ホイールはXR300手組み。ステルビオと比較。人間は体重60kg。
 空気圧は前後とも110psi。

・漕ぎ出して一発「ちょwwwハンドル軽ぃwww」
・乗り心地は白線に乗ってるみたいで凄く良い。ステルビオも同じくらい良いけど。
・精度が良い。反応が良いから踏むのが楽しい。
・下りで倒しやすい。
・上り坂がラクになるが。剛性が良いのか?

小気味良く走れてしまうので、逆にブレーキのプアさが出てしまう結果にorz
全般的に非はないんだけど、これは完全にレースタイヤなので、常にイケイケで
踏まないと気分が悪い(つまり、踏むのを止めると普通のタイヤになって嫌とか)

とにかく坂だろうが下りだろうが、速度に乗せることを強要されるので疲れるかも。
普段使いや街乗りの中距離以上なら、ステルビオの方がのんびり出来て良いと思う。

>>175
> ・乗り心地は白線に乗ってるみたいで凄く良い。ステルビオも同じくらい良いけど。


>>177
道路の白線な

>>175
安く買えたステルビオを使い始めたけど、乗り心地はリシオン(多少減ってる)のほうがいいと思う

>>178
許容空気圧の幅が広めなので、色々な圧で試すといいかも。
フルスリック化した現行ステルビオもリシオンも使ったことないけど、ミシュとは性格が違う乗り心地(の良さ)じゃないかな

>>179
もちろん空気圧(7気圧)とチューブは交換前と同じ
転がり抵抗は小さいからもう少し圧を下げてみるかな
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆ 8000円以上なら買わない
評  価 ★★★★★ レース用としては凄くいいけど、普段使いには微妙かな 

Sun Nov 18 15:00:00 UTC 2007 レビューID: 4475 (スレ 26 - レス 823)    (2人中、2人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 ¥12000(2本セット)
SCHWALBEのハイエンドレースタイヤ。
実測193g。カタログ値より軽いです。
推奨気圧はシュワルベ流の6~10bar。体重60kgの俺は8~8.5barあたりで使用。
見た目はロゴがでかくて派手。クラシックなフレームには似合わないかも。

とにかく乗り心地が良い。滑るように転がる。
空気圧に依存するだろうが、GP4000のような硬い印象は無い。
が、PRO RACEのように柔らかくもない。ニュートラルで違和感の無い乗り心地。
下りのコーナリングはかなりスムーズで、リーンアウトで思い切り倒しても不安は感じない。
下位モデルのステルヴィオ(2006)ではセンターとサイドの走行感のギャップが大きかったがそれも無い。

2000kmでローテして3000km走りましたが、パンクは無しでした。
美味しいところは完全に終わってますがサイドのグリップは健在なので、もうちょい使います。
ずっと8barを維持しても、サイドに裂け目が発生したりもしません。
ビードは柔らかめで、嵌めやすい方かと思います。

年   式→ 2007
カタログ重量→ 195g(実測重量 193g)
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★☆☆ 高いが、原油高で他社製品と価格差がなくなってきたので。
評  価 ★★★★★ 個性は薄いが質実剛健。ステルヴィオ買うならこっち。

<< 前(STELVIO 23C) | 次(SECA COMP) >>