トップ > アクセサリ > ライト > ヘッドライト >
ムーンシャインHID LPF030

<< 前(ムーンシャイン3H) | 次(ムーンシャインHIDエンデューロ) >>

TOPEAK (トピーク)

ムーンシャインHID LPF030

126g(ライト本体)、270g(電池)

2010/01/31 レビューID: 5925 (スレ 41 - レス 169)    (4人中、4人が、参考になったと投票)

登録:maglianera

購入価格 ¥29,800
比較照射画像→
6年ほど前、街灯のまったくない暗い夜道を通勤で毎日走るのに明るいライトがほしくて
当時最強と言われていた猫目のHL-MH310 スタジアムライト3を購入しようとしたが
既に生産中止になっていたので、仕方なくムーンシャインHIDを購入した。

さすがにそれまで使っていた安物のライトとは違ってめちゃくちゃ明るく
当時は最強の名をほしいままにし、十分満足して毎日愛用していた。
途中、バルブが割れてユニットを交換した事もあった。
配光はかなりワイドで自転車用ライトとしては周辺までまんべんなく
照らしてくれるので見やすいが、逆に集光性は悪く遠方までは光が届かない。

しかし時代は流れ白色LEDが進化し、ムーンシャインHIDと変わらないくらい
明るい中華ライトが次々と登場した現在となっては、ムーンシャインHIDは
その役目を終えたと言っても過言ではない。
照らす範囲や集光性、色温度などが違うので一概には比較できないが
私の感覚ではP10A2クラスの中華ライト2本でほとんど同等の明るさだと思う。

決して悪い製品ではないし、軽量のリチウムイオンバッテリーで2時間点灯でき、
残量表示もあってヘルメットにも取り付けできるなど、よくできた製品だとは思うが、
現在の販売価格4~5万円は、中華ライト2本と比較しても4倍近くも高く、
これを購入する価値はなくなったと思う。

5年ほど前であれば明るいライトと言えばこれしか選択肢がなかったのだが…
このレビューが参考になった?
価格評価 ★☆☆☆☆ この値段を払うのだったら今なら中華ライトを買う
評  価 ★★★☆☆ 5年前ならもっと評価は高かったのだが

2005/04/04 レビューID: 1134    (1人中、1人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 ¥29,800
HL-RC230のバッテリーがへたってきたが、
既にHL-RC230は生産中止になっていたので、思い切ってHIDを購入。
明るさはHL-RC230の比ではなくメチャクチャ明るい。
ミニバイクよりも明るく、軽自動車のヘッドライトと同等か明るいくらい。

配光はHL-RC230のワイドと同等くらいで、かなりワイド。
リチウムイオンバッテリーはとても小さくて軽く、本当にこんなバッテリーで
こんな明るさが2時間も維持できるのかと半信半疑だったが、ちゃんと点灯する。
またLEDでバッテリーの残り残量が表示されるようになっており、こういった付加機能や
バッテリーの軽さ小ささなどキャットアイにも見習ってほしいところだ。

長所
・メチャクチャ明るい(市街地では迷惑過ぎるかも)
・重量が370gと軽く、キャットアイの一般的なハロゲン充電式の1/3しかない
・ブラケットもなかなかしっかりしている(ヘルメット用はいらない)

短所
・スイッチの配線が短くてスイッチの配置場所がライトの設置場所に左右される
・電池の残量計があまり信用できない
・バッテリーがアヘッドのステムに取り付けるようにできており、ノーマルステムでは
 うまく固定できない(バッテリーが小さいのでフロントバックのポケットに入る)
・配光がワイド過ぎて光軸を相当下げないと対向車に迷惑が
・完全に点灯するまでに10秒近くかかる
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆ 3万円は高いがそれだけの価値はある
評  価 ★★★★★ 明るさ軽さは右に出るモノがない

レビューID: 1133

登録:system

購入価格 ¥36,120
冬場の夜間トレーニングのために購入。
明るさに関しては文句なし。今まではHL-300を使っていたが、所詮はオモチャだったと
感じてしまうほど。幅3~4m程度なら路面状況が判るくらいに照らし出してくれる。
真っ暗な山道でも安心して走る事が出来た。
バッテリーの使用時間は10w点灯で約2時間、7w点灯で約2時間30分ほどで、
手元スイッチで切り替える事が出来る。ただし両者に実用上の明るさの差は感じない。
10wが白い光、7wがやや赤味がかった光といった感じだろうか。
実際に並べて比べてみないと判らないと思う。
なお、バッテリーの仕様上、消耗直前まで明るさが変わらず、
電圧が足りなくなるといきなり消えてしまう。
一応30分前と1分前に警告が出るが、
これを見逃すと突然真っ暗になってパニックに陥るので、
常にバッテリー残量に気を使う必要がある。
長時間走るような場合は予備のバッテリーかライトを用意しておいた方がいいだろう。

問題になるのはやはり価格だろう。どうしても真っ暗な道を通らなければならない
人ならそれなりに価値はあるだろうが、
明るい街中しか走らないような人には完全にオーバースペックかもしれない。

付属品はライト本体とバッテリーに充電器、ライト用ブラケット(ノーマルハンドル用/
OSハンドル用/ヘルメット用)、バッテリー用ブラケット(ステム用/アンカーキャップ用)、
延長コード。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★☆☆ やっぱり高い・・・
評  価 ★★★★★ 明るさは文句なし

<< 前(ムーンシャイン3H) | 次(ムーンシャインHIDエンデューロ) >>