トップ > アクセサリ > ボトルケージ >
タオ

<< 前(UMA) | 次(カーボンボトルケージ) >>

Tacx (タックス)

タオ

40g

2007/07/28 レビューID: 4399 (スレ 25 - レス 666)    (1人中、1人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 ¥2,200
今までミノウラのデュラケージを使っていたが、
色々な形状のボトルに対応しそうで、ツール等で実績のあるモノという事で
パタオと悩みましたが、軽さでタオに決定。
輪の中に落とす感じなので、ボトルの形状に関係なく使用出来るのは良い。
ボトルによっては非常にキツイのもあるが、大抵はOKなので問題無し。
仕上げも必要充分。専用ボルトがあるのも○
ただ、純正のソースボトルが一番キツく走行中の使用が困難なのはいただけない。
製品のバラつきなのか、仕様なのかは不明。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★☆☆ 妥当だと思う
評  価 ★★★★☆

2005/04/08 レビューID: 265

登録:system

購入価格 7.9ユーロ
エリートのパタオ74(アルミ銀色)を使用していたので、比較をしながら評価。
タオはエリートパタオ74よりも若干ボトル締め付けが緩い。これはパタオの挿入口のプラスチック
が厚めなことによる。
性能:(タオで実走してないので、悪路でのボトル暴れについては現時点不明。
パタオ74で悪路を走行して問題はなかった。タオは後日評価します。この括弧内を後日
訂正願いを出します。名無し様、その際は訂正お願いします。いつもご苦労様です。)
取り付け:パタオは取り付け部分が長穴になっているので、フレームの形状とかが原因
で干渉物がある場合は多少上下し回避?できる。一方タオは微調整できない。
一般的な六角レンチ(25x70mm)で取り付ける際に、パタオの下のネジは締めつけ(緩め)る
ためにレンチを頻繁に持ち替えなければならない。面倒。一方タオはケージ形状が六角レンチを
なんとか、かわせるので苦にならない。これが設計の意図ならスゴイ。
タオ41グラム。パタオ74は65グラム。料理用デジタル重量計にて計測。それぞれネジ含まず。
応援するプロチームが使ってるので、買い換えた次第。だからデザインも気に入ってる。
下記の評価はそういう意味を含めた評価。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★★
評  価 ★★★★★

レビューID: 264

登録:system

購入価格 $13.95
質感デザインは申し分なし。重量も38gと軽量。スペックだけ見ると非常に優れているが、
デュラゲージなどと違い変形しないのでボトルの出し入れというのがしにくい。
ボトルによってはしっかりと入らなかったりかなりきつかったりする。
専用のボトルThe Sourceを使えばこの問題を回避できる。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆ 価格を考えれば別に高いものではないし。
評  価 ★★★☆☆ 使い勝手が悪いので万人向きではないかも。

レビューID: 263

登録:system

購入価格 ¥2,000くらい
もはや定番?のボトルケージ、TACXのタオを使ってみました。
POLARなどの上部にしぼりの無いボトルだと、ミノウラなどのケージにうまく収まらないので、
上部の出っ張りのないのという事で選んだのがこれです。金属(多分アルミ)製で剛性感もあり、
角の部分は樹脂コートされているのでボトルにも傷がつきにくいようです。
どちらかというとしっかりホールドではなく、落ちないところに「入れておく」といった感じですが、
ボトルが暴れるような事もないです。
このレビューが参考になった?
評  価 ★★★★☆ もう少し安ければ・・・

<< 前(UMA) | 次(カーボンボトルケージ) >>