パーツ > ロードタイヤ > クリンチャーWOタイヤ >
エクストリームデュロ23c

<< 前(エクストリームデナルディー) | 次(エクストリームヴァリアント20c) >>

Panaracer (パナレーサー)

エクストリームデュロ23c

240g(実測243g)

Thu Jun 03 15:00:00 UTC 2010 レビューID: 6163 (スレ 42 - レス 744)    (1人中、1人が、参考になったと投票)

登録:管理人

購入価格 ¥ 4000くらい
ちょっとした未舗装路でいちいち押し歩きなんてやってられないという性格のため、耐パンク性能が高いというデュロを購入した。
半年くらい使用したが、尖ったものを踏むと普通にパンクするけどカットには強いように思う。コンパウンド層が抉れてもプロテックスシールド構造とやらが効いているのかチューブが盛り上がってくることなく普通に走れた。
5000kmくらい使うとコンパウンド層がべろべろに剥げてきたのだが、その状態で100kmくらい走ってもバーストしなかった。
軽いタイヤ、乗り心地のいいタイヤはたくさんあるけど、これほど頑丈なタイヤはなかなかないのではなかろうか。
山中を走ったり、夜通し走ったりするときに安心かも、という点でツーリング向けにオススメしたいタイヤだ。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★★ 丈夫で長持ち
評  価 ★★★★☆ でもパンクはする

745 投稿日:Fri Jun 04 15:03:18 UTC 2010

>>744
5000kmってリアのみで? ローテーションして?


746 投稿日:Sat Jun 05 13:13:14 UTC 2010

>>745
2000kmくらい走行したときにホイール交換したから、そのときにローテーションしたと思う。

Sun Feb 17 15:00:00 UTC 2008 レビューID: 4710 (スレ 28 - レス 170)    (1人中、1人が、参考になったと投票)

登録:system

購入価格 ¥8800(2本)
練習からレースまで使えるとの評判を聞いて購入。
走行感は硬くて軽い、直進性に振った印象。ガンガン進むがそこそこ脚にくる。
乗り心地は平均以下。空気圧を下げると改善できるが、走行感が極端に重く感じるようになるので要調整。
グリップはドライもウェットも強力で、濡れたマンホールでダンシングスタートしたりしなければ不安無し。
コーナリングでは硬いため安定感に欠けるが、グリップそのものはしっかりしている。
推奨空気圧が7~10.5barと高く、体重62kgの俺は8.5barで使用。ポンプの性能が低いとタイヤの性能を発揮できないかも。
パンク耐性は高く、他社のどのタイヤより頑丈。っていうかこれでパンクしたことがないのでわからんw
寿命はちょっと短めで3000kmが実用の限界かな。でもEVO2よりは長もちする。

パナレーサータイヤに共通してだが、脱落防止のためにビードがひたすら硬く「こんなん嵌められるかボケ!」なレベル。
ただし使っていくと緩んでくるので、ストック分は使わないホイールがあれば嵌めて寝かしておくと良いです。

全体としてはコンチネンタルGP4000に似てるかな?
高性能で頑丈なので、確かにレースから練習まで使える。でもツーリングだとしんどいかもね。

年式 2007
カタログ重量 240g(実測重量 243g)
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆ 安いけど、2008から値上がりしたので-1。旧年式の在庫を探すべし。
評  価 ★★★★★ 国産らしく質実剛健なレーシングタイヤ。GP4000みたいな硬いタイヤが好きならいいかも。

Fri Feb 03 15:00:00 UTC 2006 レビューID: 2666

登録:system

購入価格 ¥4000くらい
パナレーサーの最上位グレードExtremeシリーズの最新モデル(除く限定品)。
OpenCorsaEvoCXからの乗り換えであるが、選定の際にはValiantとどっちにするか迷った。
DuroはValiantの耐パンク性能向上Verとされているが、そもそもValiantは無印Extremeの耐パンク性能向上Ver.だった。
その意味でValiantのリプレースモデルと言えると思い、こちらを選択。

タイヤ形状が円弧を描かず、トレッド中心に向かって細く尖ったくさび形をしている。
チューブラーと設計を共用していない、クリンチャー専用設計ならではの形状と言える。
このため直進時の接地面積が狭くなり、実際こぎが非常に軽い。
また、コーナリング時はバイクを傾けやすく、運動性が高いように思う。
Rのきついコーナーの連続する峠の下りなど、ひらひらと曲がっていける。
反面グリップ感(というか安定感)に乏しく、スピードが出る高速コーナーでは背筋がヒヤヒヤした。

公称重量240gで軽量とは言い難いが、漕ぎが軽く運動性が高いためむしろ自転車ごと軽くなった印象うける。
タイヤの重要さを改めて思い知った。
ただし、空気圧を低くめ(7気圧)に設定するとまるで性格が変わり、逆に重くてまったりしたタイヤに変身する。
体重にもよる(当方56kg)だろうが最低8気圧は維持したいところだ。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★★☆ 良い物なので高すぎるとは思わない
評  価 ★★★★★ 練習からレースまで一本ですませたいホビーレーサーにぴったり

<< 前(エクストリームデナルディー) | 次(エクストリームヴァリアント20c) >>