トップ > 工具・メンテナンス > 工具 > 一般工具 >
QL25N-MH ラチェット付プレセット型トルクレンチ(5-25Nm)

<< 前(PCL50NX15D + QH15D) | 次(HWC-6S) >>

TOHNICHI (東日)

QL25N-MH ラチェット付プレセット型トルクレンチ(5-25Nm)

0.25kg

Tue Oct 06 15:00:00 UTC 2009 レビューID: 5664 (スレ 39 - レス 209)

登録:system

購入価格 ¥8000(ヤフヲク新品)
大定番の東日トルクレンチ。
自分が購入したものは、グリップが樹脂製の新型の方である。

トルクレンチ使用の必要性・安心感などは、
先人の述べるとおりなので省く。

使用感としては、設定トルクに達したとき
「カクン」と“腰砕け”になり、それと分かる仕組み。
知らないうちはカチッと音でもするのかと耳を澄ませていたが、
絶対に間違わないほど明確に“腰砕け”になって、間違う怖れはない。
これは初心者にも安心だ。

とにかく数値化された客観的指標で締めるという安心感はいいね。
これ以上の仕上げはプロでも出来ないわけだから。

一番重宝する工具となりそうだ。

ソケットは別売りだが、
KTCの800円のを4,5,6㎜(BT3-04,05,06S)と3つそろえた。
相性はもちろん問題なし。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★☆☆☆ 高価なのは確か。自分は激安で買えたが、それでも大事に扱っている。
評  価 ★★★★★ 使い勝手も文句なし。

レビューID: 1562

登録:system

購入価格 i-TOOLSにて¥14,175
カーボンハンドルの入手に伴い購入を決意。
全長220mm、重さ233g、グリップの直径15mm、トルク調整範囲5~25N・m
使った感じですが、結構な重さな割に細いため扱いにくい。
テニスのグリップテープ等を巻きつけると扱いやすく。
トルク調整はし易いです。ラチェット切り替えレバーは使いにくく×。
校正証明書もついており、全体的に作りはしっかりしてます。
トルク調整範囲的には自転車には最適か?
カーボンハンドルを5N・mで締めてみると、
「こんなんでいいの?」っていうくらい締まりませんでした。
しかししっかり固定はされてます。
トルクレンチの必要性をあらためて実感しました。
ただ値段はかなりお高目となっています。
1万円くらいならモノがいいだけにお勧めなんですが。
まあ一生物と思えば高くもないのかな?
このレビューが参考になった?
価格評価 ★★★☆☆ もう一声欲しい価格
評  価 ★★★★☆ モノはかなり良いと思います

レビューID: 1561

登録:system

購入価格 ¥13,500
カーボンパーツの取り付けに注意を払いたいのと、
かねてより自分の手力を具体的に計ってみたかったので購入。

シマノやGIANTが公表している各部品の指定締め付けトルクの中で、
ボトムブラケットやカセットスプロケットを除く
ほとんどの部品の締め付けトルクがこの製品の適用範囲内に収まる。

ダイヤルでの設定は視認性がよく、
設定値での明確なクリック感があり、操作性は十分。
精度、アフターサービスもよし。
欲を言えば紙箱ではなくもっとしっかりした保管用ケースが欲しい。

最近のロードバイク・MTBの場合4,5,6mmのヘックスキー3種でほとんど賄うが、
別途各種ソケットが必要になるのが初期導入の負担になる。
このレビューが参考になった?
価格評価 ★☆☆☆☆ 個人での使用としては流石に高価
評  価 ★★★★☆ 製品そのものは良い

<< 前(PCL50NX15D + QH15D) | 次(HWC-6S) >>